子供におすすめの青汁ランキング

簡単にビタミンやミネラル、食物繊維が摂れる青汁は、成長期の子供の栄養バランスを補うためにも適しています。

でも、大人に比べて舌が敏感な子供は「まずい」「青臭い」と感じてしまえば飲み続けてくれない可能性も大。
子供のためにはおいしく飲めて栄養もしっかり補助してくれる青汁を選ぶのがポイントです。

ここでは子供も飲める人気の青汁をピックアップしていますが、その前に、青汁の選び方や栄養素をおさらいしてみましょう。

子供向けの青汁の選び方をおさらいしよう

まずは、子供のための青汁を選ぶ際のポイントをおさらいしてみましょう。
とくに赤ちゃんや幼児に青汁を飲ませる場合は、こんなポイントに注意して選びましょう。

青汁はいつから飲める?赤ちゃん・幼児が飲んでも大丈夫?

栄養豊富な野菜をそのまま使って作られる青汁には栄養がたっぷり。
でも、赤ちゃんや幼児に飲ませる場合にはちょっと注意が必要です。

赤ちゃんが飲んでも大丈夫?
基本的に離乳食を開始した赤ちゃんであれば青汁を与えることはできます。
ただし、食物繊維が豊富な青汁はおなかがゆるくなったり、逆にうんちが固くなってしまうこともあります。
3歳未満の子に青汁をあげる場合は、少量または薄めに作って様子をみながらにしてくださいね。
飲みやすい「甘い」青汁ならどれでもOK?
飲みにくさが心配な青汁も最近では小さな子でもおいしく飲めるような甘いものも増えています。
でも注意したいのは「はちみつ」や「黒砂糖」入りの青汁です。
ご存知の通り、はちみつには赤ちゃんの体内で中毒を引き起こす原因となるボツリヌス菌が含まれています。
厚生労働省の通達でも「1歳未満の子には蜂蜜を与えないように」とされています。

また、同様に黒砂糖にもボツリヌス菌が含まれています。

赤ちゃんに青汁を与える場合は、はちみつや黒砂糖が使われていないかどうかを注意するようにしましょう。

青汁に多く含まれる栄養の効果・はたらき

青汁の原料となるのは大麦若葉や桑の葉、ケール、明日葉など、特に栄養が豊富に含まれている野菜です。
そんな青汁で摂れる主な栄養素の体内での役割をおさらいしてみましょう。

体の隅々に酸素を届ける「ヘモグロビン」の原料です。
鉄が不足すると貧血状態になり、顔色が悪い、元気がない、疲れやすい、口内炎ができやすい、めまいを起こすなどの症状が表れます。
カルシウム
骨や歯を作る原料となり、特に中学生の頃は大人以上のカルシウム量を必要とします。
また、血液には一定量のカルシウムが溶け込んでいて出血を止めたりするほか、筋肉の動きや神経の働きにも重要な役割を果たしています。
食物繊維
腸内に棲む善玉菌の栄養になったり、水分を吸い便の量を増やして便秘を防ぐ役割があります。
また、最近の研究では、肥満、心筋梗塞、糖尿病などの予防に役立つことが分かっています。
マグネシウム
カルシウムやリンとともに、骨を作るために欠かせない栄養素です。
神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくりだすための働きをしているほか、血圧の維持など生命活動を維持する上で大切な栄養素です。
ビタミンB1
糖質(炭水化物)をエネルギーを作り出したり、糖質を栄養源とする脳神経系の正常な働きにも関係しています。
そのほかにも皮膚や粘膜の健康維持に必要とされます。
ビタミンB2
皮膚や粘膜の健康維持に必要なビタミンです。
また糖質、脂質、たんぱく質をエネルギーにする役割があります。そのため、エネルギーをたくさん消費する人ほど多く必要になる栄養素です。
葉酸
体内でたんぱく質や細胞をつくり出す祭に必要なDNAなどの核酸を合成するのに必要です。
また別名「造血のビタミン」とも言われ、赤血球の細胞の形成を助けるという大切な役割も担っています。
カリウム
体内の水分量のバランス維持のためにはたらき、細胞を正常に保ったり、血圧を調整することで、一定したよい体内の状態を維持します。
カリウムの摂取量を増やすことで、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加につながることが分かっています。
ビタミンC
コラーゲンを生成し、皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。また病気やストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしてくれるビタミンです。

子供のための青汁を選ぶ際にチェックしたいポイント

毎日飲んでほしい青汁。価格ももちろん大切ですが、子供が飲み続けるために購入の際に特にチェックしたいポイントは次の3つです。

おいしくて飲みやすいか?(青臭さ・苦みの少ないもの)

続けるからこそ「無添加・無農薬」のものがベスト。

飽きずに続けるためにもアレンジしやすいものが◎。

おいしくて飲みやすいか?(青臭さ・苦みの少ないもの)

大人に比べて味には敏感な子供は、青臭さや苦みといった味を感じやすく、特に野菜嫌いの子には「青汁=おいしい」というイメージを持ってもらうことが大切です。
おすすめなのは抹茶味のものですが、本当に苦みが苦手な子にはバナナ味やリンゴ味のものを選んであげるのがおすすめです。

続けるからこそ「無添加・無農薬」のものがベスト。

栄養は毎日摂り続けることが大切です。
青汁も毎日続けるのか基本ですが、だからこそ安心して続けられるものを選びましょう。
できれば原料野菜が無農薬のものや有機栽培のもの、残留農薬検査を行っているものを選びましょう。

また、危険性が長年議論の的となっている人工甘味料などの食品添加物が入っていないものがベストです。

飽きずに続けるためにもアレンジしやすいものが◎。

どんなものでも毎日続けばそのうち飽きてしまいます。
お水に混ぜるだけでおいしく飲める青汁も、牛乳やヨーグルトと混ぜるだけでおいしさも変化します。
また、ホットケーキなどのおやつや、カレーやホームベーカリーなどにアレンジしてもおいしいものなら無理なく続けることができます。

子供におすすめ おいしく飲める青汁ランキング

  1. 神仙桑抹茶ゴールド

    神仙桑抹茶ゴールド

    おいしさ 5.0
    品質 4.5
    アレンジ 5.0
    通常価格:
    5,700円(税別)
    定期価格:
    5,415円(税別)
    容量:
    3g×60包

    鉄分やカルシウム豊富な桑の葉、カテキンたっぷりの緑茶、ビタミン豊富なシモン、この3種類以外のものは一切使わずに作られた、おいしい抹茶青汁です。

    お茶師が作った桑抹茶は栄養価が高いだけでなく、味にもこだわりぬいた、まさに「抹茶」味の青汁。残留農薬ゼロの認定も受けています。
    食品添加物や甘味料を一切使わずに作られていますが、小さなお子さんや野菜嫌いの方でも飲めるおいしさです。

    レビュー

    水に溶かすだけで、苦みを抑えた抹茶風味のおいしい青汁ができます。
    ヨーグルトや牛乳にもよく合うほか、お菓子作りや料理にも◎。

    神仙桑抹茶ゴールド

    7歳・5歳・3歳の子供たちはヨーグルトに混ぜた神仙桑抹茶ゴールドを毎朝食べています。

    神仙桑抹茶ゴールドをクッキーに

    時間に余裕のあるときは、クッキーを作ってあげることも・・・。(稀です)

    神仙桑抹茶ゴールド 商品詳細を見る

  2. サンスターおいしい青汁

    サンスター 健康道場 おいしい青汁

    おいしさ 5.0
    品質 4.0
    アレンジ 3.5
    価格:
    6,000円(税別)
    容量:
    160mg×30本

    リンゴとレモンをブレンドし、おいしく飲みやすい味に仕上げた青汁です。
    ブロッコリーやケールなど9種類の野菜をふんだんに使い、粉末ではなくピューレタイプに仕上げているので、お弁当と一緒に持たせてあげることもできます。

    添加物は極力使わず、保存料と香料、食塩、砂糖のみ。1本で野菜90g分を補うことができます。

    サンスター 健康道場 おいしい青汁 商品詳細を見る

  3. こどもバナナ青汁

    こどもバナナ青汁

    おいしさ 4.0
    品質 4.0
    アレンジ 3.0
    通常価格:
    5,940円(税込)
    定期価格:
    初回 980円(税込)
    容量:
    3g×30包

    「野菜嫌いのちびっこでも飲める青汁を」お探しのお母さんにぴったりなのが子供が大好きなバナナ味の青汁です。
    14種類の野菜、6種類のフルーツ、150億個の乳酸菌が入っています。

    バナナ味なのでお料理には向き・不向きがありますが、牛乳にはよく合う味です。
    黒砂糖が入っているので、1歳未満の赤ちゃんにはあげないように注意してくださいね。

    こどもバナナ青汁 商品詳細を見る

子供の年代別:おすすめ青汁

「子供」といっても幼児と中学生では味の好みも変わってきます。
最後に子供の年代別におすすめの青汁をご紹介しておきます。

幼児におすすめの青汁

  1. サンスターおいしい青汁

    サンスター 健康道場 おいしい青汁

    ジュース感覚で飲めるので、小さな子、野菜嫌いの子でも飲みやすさはNo.1です。
    製氷皿に凍らせて、アイス感覚であげるのもおすすめですよ。

  2. こどもバナナ青汁

    こどもバナナ青汁

    甘くておいしいバナナと黒糖の組み合わせで、野菜が入っているとは思えない味。
    乳酸菌とビフィズス菌も入っているので、風邪をひきやすい子やおなかを壊しやすい子にもおすすめです。

小学生幼児におすすめの青汁

  1. 神仙桑抹茶ゴールド

    神仙桑抹茶ゴールド

    鉄分やカルシウムが豊富な桑抹茶は伸び盛りの小中学生にぴったり。
    抹茶味の好きな子なら牛乳に混ぜて抹茶ラテ風にするのも人気です。

  2. サンスターおいしい青汁

    サンスター 健康道場 おいしい青汁

    お弁当のお供やおやつの時間にも1人でも飲みやすく、リンゴ味が「野菜」を感じさせません。

中学生幼児におすすめの青汁

  1. 神仙桑抹茶ゴールド

    神仙桑抹茶ゴールド

    桑抹茶は大人も子供も飽きずに飲み続けやすく、成長期に必要不可欠な鉄・カルシウムが特に豊富です。
    また、桑の葉に含まれる成分「DNJ」はダイエットが気になる人にも注目の成分です。

  2. サンスター粉末青汁

    サンスター 粉末青汁

    一般的な青汁の2.5~3倍量が入った満足の青汁は、大人以上のビタミン・ミネラルを必要とする第二次成長期の子の栄養補助にぴったりです。
    ケール、明日葉、大麦若葉など、栄養価の高い野菜5種類のみで作られています。

コチラもチェック!
青汁人気ランキング 総合BEST10大発表!