高齢者・お年寄りにおすすめの青汁

高齢者の場合、食べているつもりでも若いころに比べ食が細くなり、満足な栄養が摂れていないこともあります。
栄養状態を表す指標の1つであるヘモグロビンが低い人は高齢者になるほど多く、低栄養状態が続けば風邪をひきやすくなり、そこから肺炎などを引き起こすこともあります。

高齢者になってから寝込んでしまうと、リズムが狂いやすく、回復にも時間がかかるため、健康状態をいかに保つかが筋力低下や寝たきりを防ぐためにもとても大切になります。

また、低栄養とともに胃腸の機能が低下することで便秘や免疫低下の原因となりますから、お腹の健康にも十分気を配りましょう。

高齢者におすすめ「ユーグレナ」の青汁

食が細い方や咀嚼力(噛む力)が弱まっている方でも栄養素を補給しやすい青汁は、高齢者の栄養補助にも最適です。
そんなお年寄りにおすすめなのが「ユーグレナ」の青汁(緑汁)です。

ユーグレナとは別名ミドリムシ、理科の授業などで出てくるのはミドリムシという名前の方です。

ユーグレナ

ミドリムシは藻類(ワカメなどと同じ)ですが動物と植物、両方の特徴を兼ね備えているという非常に珍しい特徴があります。
そのため、野菜・青魚・肉などの栄養素(50種類以上)が含まれています。

普通の青汁は大麦若葉やケールといった野菜を原料にして作られますが、ユーグレナの青汁は野菜の栄養素はもちろん高齢者が不足しやすい肉や魚の栄養素が同時に摂れるのがメリットです。

さらに、野菜には細胞壁があるため消化されにくいですが、植物と動物の特徴を併せ持つユーグレナには細胞壁がありません。
だから体の中で消化されやすく、効率よく栄養素を吸収することができます。

お年寄りの栄養バランスをサポート おすすめの「ユーグレナ」

  1. ユーグレナファームの緑汁

    ユーグレナ・ファームの緑汁

    飲みやすさ 4.0
    品質 4.5
    価格 5.0
    お試し価格:
    初回 500円(税込)
    定期価格:
    3,780円(税別)
    通常価格:
    4,200円(税別)
    容量:
    お試し 7包/通常 31包

    石垣島産のユーグレナに有機栽培の大麦若葉と明日葉を加え、栄養バランスを補助するのにはぴったりの「緑汁」です。
    高齢者に不足しがちな青魚に多く含まれるDHAやEPAも持つユーグレナは、食の細いお年寄りはもちろん、育ち盛りのちびっこや食生活の乱れが気になる方にもおすすめです。

    また、ユーグレナの持つパラミロンという成分は食物繊維と同じように不要な物質を吸い取る特性があると言われています。

    ユーグレナ・ファーム 緑汁

    ユーグレナ・ファーム 緑汁

    見た目は普通の青汁と同じ。牛乳やヨーグルトに混ぜると、動物性たんぱく質も同時に摂ることができます。

    ユーグレナ・ファーム 緑汁

    無糖ヨーグルトには、はちみつをお好みで加えることでおいしく食べやすくなります。

    ユーグレナ・ファーム 緑汁の詳細を見る

  2. 石垣島のユーグレナ

    【小林製薬】石垣島のユーグレナ

    飲みやすさ 4.5
    品質 4.0
    価格 5.0
    お試し価格:
    2,592円(税込)
    定期価格:
    初回 1,000円(税込)
    通常価格:
    5,184円(税込)
    容量:
    120粒(1日4粒目安)

    タブレットタイプで飲みやすいサプリメントは小食の方はもとより、持ち歩きやすいため外出・外食の多い方などにも愛用されています。
    各種ビタミンやミネラルをはじめ、DHAやEPA、アラキドン酸などの不飽和脂肪酸、16種類のアミノ酸が摂れるユーグレナは安心の石垣島産。

    テレビCMなどでもおなじみの、あの小林製薬から発売のサプリメントなので安心感があります。

    小林製薬 石垣島のユーグレナの詳細を見る

高齢者の栄養不足 こんな症状はありませんか?

身体の不調や見た目年齢が老けてくること、体調の変化など、これらを年齢のせいだけにしてしまっていませんか?
年齢を重ねれば調子の悪いところも出てくれば、肌にシワやたるみが出てくるのも自然の摂理です。しかし、栄養不足が原因で年齢以上に見た目の年齢が上に見えてしまったり、体調不良を伴ってしまうこともあります。

低栄養が原因で起こってしまう症状には次のようなものがあります。
食事は生命の原動力であるとともに、食べたものは身体を構成する要素でもあります。
もし、実年齢以上に下記のような症状があるのであれば、食生活を見直してみましょう。

低栄養の人が起こしやすい症状

  • 食べているのに痩せてくる
  • 傷が治りにくい
  • 抜け毛や白髪が増えた
  • 風邪をひきやすい
  • だるさが抜けない
  • 皮膚が炎症を起こしやすい
  • 皮膚が乾燥している

高齢者が栄養不足になる原因と不足しがちな栄養素

お年寄りの栄養補助に

お年寄りが栄養不足になりやすい原因として身体的な機能変化があります。

  • 食欲が低下する
  • 噛む力・飲み込む力が低下する
  • 唾液・消化液の分泌が減少する
  • 腸の働きが低下する
  • 味覚が低下する
  • 嗜好が変わる

身体のこのような変化が原因で食事の量が減ったり、偏食傾向になったりすることが低栄養の原因となり、本人や家族が気付かないうちに栄養が不足してしまっていることも少なくありません。

栄養不足が原因で運動機能が低下してしまうと、特に高齢者が気を付けなければいけないのが「生活自立度の低下」、「要介護度の上昇」です。
また、一人住まいや老夫婦のみの生活の場合、無関心・無刺激が食欲を低下させてしまう場合もあるので気を付けましょう。

お年寄りに肉はいらない?高齢者が不足しがちな栄養素

「年を取ったら野菜中心、コレステロールの高い肉や魚は避けるべき」と思われている方も多いですが、最新の研究では、植物性タンパク質が中心の高齢者に比べ、肉や卵、脂などの動物性タンパク質を適量食べている人の方が、老化の速度が遅く、病気になりにくいことが分かってきました。

嗜好の変化や食欲の低下のため、肉や魚を避けてしまう場合は、牛乳や乳製品、卵などを摂るようにしましょう。
ただし、動物性たんぱく質の摂りすぎは糖尿病や脂質異常症(高脂血症)などの疾患を悪化させる可能性もあるので、適切な量にとどめ、適量についてはかかりつけのお医者様と相談するのが良いでしょう。

また、鉄分やカルシウムといった身体の構成要素となるミネラルや、体の調整に欠かせないビタミン類は健康を維持するためには必要不可欠です。
食事の量が減れば当然栄養の摂取量も減少してしまいます。
小食の方の場合は間食に牛乳やヨーグルト(動物性たんぱく質)に青汁(ビタミン、ミネラル、食物繊維など)を混ぜたものを摂るなどの工夫をしてみましょう。

お年寄りの便秘 青汁で補いたい食物繊維と乳酸菌

若いうちは女性に多い便秘ですが、年を重ね胃腸の機能が低下してくることにより、男性も便秘の方の割合が増えてきます。
30代ではに対して1%に満たなかった男性の便秘の割合も、60代では約3%、70代では約8.1%の方が便秘だと感じています。
また、女性においても、70歳を超えると10%近くの方が便秘であると認識しています。

年齢を重ねるとともに胃腸の働きが弱くなったり、小食になることなどが高齢者の便秘の主な原因ですが、お腹の健康のためにも食物繊維や乳酸菌は日々摂り続けるよう心がけるとともに、水分不足には注意し小まめに水分を補給するようにしましょう。

便秘の場合は、青汁とヨーグルト、ハチミツの組み合わせが最適です。

青汁とヨーグルトでおなか元気!

青汁に含まれる食物繊維、ヨーグルトの乳酸菌、ハチミツのオリゴ糖と、まさに「青汁ヨーグルト」は腸の健康に良いものの組み合わせです。
今は便秘ではない方も、予防のため、そして健康のために朝食時や間食に青汁ヨーグルトを習慣にしてみましょう。