ケールの青汁

別名『葉キャベツ』や『はごろもかんらん』とも呼ばれるケールは野生キャベツの近縁種で、キャベツの原種に近い野菜です。

栄養面でのキャベツとの違いはビタミンAが豊富なところ。そのほかにもビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなどビタミンが豊富に含まれていることから緑黄色野菜の王様と言われるほどです。

独特の香りとクセがあり、日本ではあまり料理の食材に利用されることはありませんが、ヨーロッパではロールキャベツやスープの具として利用されています。

カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも多く、食物繊維も非常に豊富なことから、便秘の解消・予防や血糖値の抑制、コレステロール値の改善、活性酸素の働きを抑えるなど生活習慣病を予防する食材として注目されています。

また、体内時計を正常に保ち睡眠の質を改善する働きが注目のメラトニンが含まれているのが特徴的です。

ケールに含まれる主な栄養素とその働き

緑黄色野菜の王様と呼ばれるケールは各種ビタミン・ミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。
特にβ-カロテンを主体とするビタミンAが豊富なこと、ホルモンの一種であるメラトニンや、カロテノイドの一種で抗酸化力が強いルテインを含むことが特徴的です。

ケールに含まれる主な成分

ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、食物繊維など

ケールに含まれるビタミンA・Eの働き

ビタミンの働き

ビタミンの豊富さは群を抜いているケール。
皮膚や粘膜、目の健康を維持するために不可欠なビタミンAには抗酸化作用もあり、細胞の老化を抑制する働きがあります。

ビタミンEは強い抗酸化力を持ち「老化抑制ビタミン」と呼ばれます。血液の循環を良くすることから新陳代謝を促したり冷え性や肩こりの人は不足しないようにしたい栄養素です。

ビタミンA、E共に動脈硬化の予防のためにも働いてくれます。
動脈硬化は脳血管疾患や心疾患など、重篤な病気の要因となりますから、普段の食生活もこの機会に見直してみてくださいね。

ケールの青汁はこんな人におすすめ

  • 腸の健康維持に
  • 高血圧、糖尿、コレステロール値が気になる方に
  • 健康増進・維持に
  • 若々しさを保ちたい人に

おすすめのケール青汁

ファンケルの青汁

ファンケル 本搾り青汁ベーシック

土づくりからこだわった「ミネラル農法」で育てられた国産ケール使用のファンケルの青汁。
食品添加物を一切使用せずに丁寧に作られています。

ファンケルの青汁

1杯でたっぷりの栄養素!
ファンケルの青汁はお試しサイズがあるので、味に不安のある人や初めての人にもおすすめです。(通販限定・初回限定)
現在、10本入り×2袋で780円のキャンペーン中です。

ファンケル 本搾り青汁ベーシックの詳細・口コミはこちら

飲みやすいケール青汁をお探しなら

森永製菓おいしい青汁
森永製菓 おいしい青汁

そのまま飲めるパックタイプの青汁です。
独特のクセの強いケールは「青汁=まずい」のイメージの犯人(?)なので好き嫌いがはっきり分かれますが、森永製菓の青汁は飲みやすく仕上げられています。

森永製菓 おいしい青汁

おいしさの秘密はそのブレンド。
ケールをはじめ9種類の野菜に加え、りんご果汁が飲みやすくしてくれています。
どの野菜・果物も国産砂糖・香料・食塩・保存料不使用、さらに富士山麓の地下水を使って作ったというこだわりの青汁です。

初めての方限定のお試しセットは12本で1,000円。
脂肪や糖の吸収を抑えてくれる働きのある機能性表示食品です。

森永製菓 おいしい青汁の詳細はこちら