桑の葉の青汁

青汁の原料といえばケールや大麦若葉が主流。桑の葉の青汁はあまりメジャーとは言えないかもしれません。
でも、実は桑の葉にはビタミンや食物繊維以外にも鉄やカルシウムといった普段の食事で不足しがちな栄養が豊富に含まれており、ケールや大麦若葉にまったく引けを取りません。

そればかりか余分な糖の吸収を抑えるDNJリラックス効果のあるギャバなどが含まれるため、ストレスとの闘いであるダイエットにもおすすめです。

そんな桑の葉の青汁の栄養素や味、また人気の青汁などを詳しく見ていきましょう。

桑の葉に含まれる主な栄養素

桑の葉の青汁の特徴は、なんといってもその豊富な栄養量と飲みやすさです。
さらに、桑の葉にしか含まれていない特有の成分「DNJ」なども含まれています。

DNJ(デオキシノジリマイシン)は、血糖値を下げる、血圧を下げる、余分な糖の吸収を抑える、抗酸化作用、便秘解消といったダイエットやエイジングケアに嬉しい成分です。

桑の葉に含まれる主な成分

DNJ(デオキシノジリマイシン)、GABA(γ-アミノ酪酸)、クマリン、タンニン、クワノン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、カリウム、鉄、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、食物繊維、ポリフェノール類など

桑の葉の青汁は飲みやすさNo.1!なのにメジャーになれないのはどうして?

桑の葉と蚕

桑の葉というと、蚕(かいこ)のエサというイメージがある方もいるかもしれませんね。
蚕はカイコガの幼虫で、蚕が作る繭から、あの美しい絹(シルク)が作り出されます。

前にも記載したとおり、桑の葉には栄養が豊富に含まれています。
しかし、野菜として食べるには葉が硬いため、今まではお茶として利用されることが多かったのですが、最近では青汁としても多く利用されるようになりました。
食感が悪く丸ごと食べるのには向いていませんが、技術の進歩により、桑の葉をまるごと粉砕し、青汁として利用することができるようになりました。

大麦若葉やケールは成長が早いため、青汁の原料の主流として今も使用されていますが、桑の葉の青汁は青みや臭みもなく、抹茶のようにおいしく飲め、栄養素的にも全く引けを取りません。
また、桑の葉はノンカフェインなので、妊婦さんや授乳婦さん、小さな子にもおすすめです。

桑の葉の青汁はこんな人におすすめ

  • 野菜嫌いの人
  • ちびっこ・子供
  • 妊婦さん、授乳中
  • 糖が気になる方
  • ダイエット中の方

おすすめの桑の葉青汁

神仙桑抹茶ゴールド

お茶村 神仙桑抹茶ゴールド

九州のお茶屋さんが作った桑抹茶の青汁です。
食品添加物を一切使わずに、桑の葉・緑茶・シモンだけを使って作られた、まさに「無添加」の青汁です。

臭みや青みはなく、水はもちろん牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜてもおいしいです。

桑抹茶クッキー

苦みを抑えた抹茶味。クッキーやホットケーキ作りにももちろんOKです。

神仙桑抹茶ゴールドの詳細・口コミはこちら