青汁人気ランキングBEST10

(すぐにランキングを見たい人は↑をタップしてね。)

青汁を利用するメリット・デメリットをおさらいしましょう

簡単に野菜の栄養が補える青汁。一番のメリットはその手軽さでビタミンや食物繊維、鉄、カルシウムなどの栄養が摂れることです。

外食やレトルトが多い人やダイエット中で食事量をセーブしている人、野菜不足が気になる人など、子供から大人まで確実に栄養を補うことができます。

手軽に野菜の栄養が摂れる青汁

たとえばダイエットでカロリーセーブ中の人も、ただ食べる量を減らしてビタミン・ミネラルなどの栄養素が不足してしまうのは、実はダイエットにとっては逆効果です。
ビタミンやミネラル、食物繊維は体を調整する働きには欠かせませんから、不足することで代謝機能が乱れ、痩せにくくリバウンドしやすい体質になる原因になりかねません。

とはいえ、野菜を食べなくても青汁を飲んでいれば大丈夫かというと、そういうわけではありません。
あくまで青汁は補助食としての利用が理想的です。1日350gの野菜、30品目の食材を頭において、いろいろなものを食べられればそれに越したことはありません。

忙しくて自炊がままならない際も、コンビニならサラダらジュースを加えたり、外食時は定食を選んだりサラダや煮物を追加するなどをして野菜を摂るよう普段から心がけてみましょう。

こんな人は青汁をプラスするのがおすすめ

  • 健康的にダイエットしたい人
  • 自炊が少なく、外食・レトルトの多い人
  • 野菜不足を感じる人
  • 妊娠中・授乳中の人
  • 育ち盛りの子に
  • 便秘気味の人

青汁人気ランキング 総合TOP10

  1. 神仙桑抹茶ゴールド

    神仙桑抹茶ゴールド

    5.0
    品質 4.5
    価格 5.0
    通常価格:
    5,700円(税別)
    定期価格:
    5,415円(税別)
    容量:
    3g×60包(1杯あたり約90円)

    無添加 無農薬 桑の葉

    九州のお茶屋さんから生まれた桑の葉・緑茶・シモンの3種類の栄養豊富な植物のみを使って作られた無添加のおいしい青汁です。

    抹茶味が好きな人ならおいしく飲める「桑抹茶」。
    メイン原料の桑の葉には鉄分やカルシウムが豊富なほか、余分な糖の吸収を抑える注目の成分「DNJ」が含まれているため、ダイエット中の人にもおすすめです。

    抹茶味は牛乳やヨーグルトとの相性も抜群。小さなお子さんや野菜嫌いの方でも「これなら飲めた」「青汁とは気づかなかった」という声も。
    食品添加物は一切使わず、農薬不使用なので妊婦さんや授乳中の方にもおすすめです。

    神仙桑抹茶ゴールドの中身をチェック!

    神仙桑抹茶ゴールドの原料

    「無添加」かどうかは原料欄をチェック!神仙桑抹茶ゴールドは桑葉・茶・シモン(葉・茎)だけで作られている完全無添加だということがわかります。

    初回のおまけ

    初回購入時にはおまけの青汁10包やシェーカー、メジャーなどがついてきました。(現在はリニューアルされて、おまけも変わっています。)

    神仙桑抹茶ゴールド

    他の青汁に比べ、粉末が細かいので、開けるときにくしゃみをしたりしないように注意してくださいね(^^)

    子供も大人もおいしく続けられる

    お茶が大好きなおじいちゃんも神仙桑抹茶ゴールドはお好みの味。ヨーグルトに混ぜて食べて、健康を気遣っています。

    神仙桑抹茶ゴールド 公式サイトを見る

    神仙桑抹茶ゴールドの詳細・感想はこちら

  2. サンスター 粉末青汁

    サンスター 粉末青汁

    4.0
    品質 5.0
    価格 4.0
    価格:
    4,500円(税別)
    容量:
    10g×30包(1杯あたり約150円)

    無添加 icon3 ケール 大麦若葉 明日葉

    普通の青汁が1本あたり3~4gなのに対し、サンスターの粉末青汁は1本10gとたっぷり。1杯で野菜100g分に相当する栄養価です。
    1回の容量が多いため、多少飲みづらさはあるもののホンモノ志向の方に人気です。

    100%国産の栄養豊富な野菜5種類を使い、食品添加物不使用で作られています。

    たっぷり10gで多少混ぜにくいですが、初回にハンディクリーマーがもらえるのもうれしいですね。

    サンスター粉末青汁の中身をチェック!

    サンスター粉末青汁の原料

    添加物を一切使わず、国産の青野菜5種類のみを使って作られています。
    しかも中身はたっぷり10g。1日コップ1杯で野菜100g相当の量を補うことができます。

    サンスター粉末青汁

    他の青汁と比べて、さすがに粉末の量が多い!栄養がたっぷり摂れる感じがしますね。

    ハンディクリーマー

    初回購入時におまけでもらえる電動ハンディクリーマー、おまけといえども案外本格的です。
    単三電池2本(付属)を入れてスイッチをオンすると、10gとたっぷりの粉末も簡単に混ぜることができます。

    サンスター粉末青汁 公式サイトを見る

    サンスター 粉末青汁の詳細・感想はこちら

  3. めっちゃたっぷり フルーツ青汁

    めっちゃたっぷりフルーツ青汁

    4.5
    品質 3.5
    価格 5.0
    通常価格:
    5,980円(税別)
    定期価格:
    初回680円 2回目~3,980円(税別)
    容量:
    3g×30包(1杯あたり23円~)

    クマザサ 明日葉 美容成分 乳酸菌

    栄養豊富な青汁原料の野菜に加え、11種類のフルーツエキス、11種類の野菜エキス、さらに酵素や乳酸菌、美容成分も入った青汁はダイエット女子に人気急上昇です。

    フルーツエキスが入っているため、見た目は青汁でもフルーツジュースのようにおいしく、野菜が苦手な人でも大丈夫。
    毎月300名限定の定期コースなら初回が680円と安く、購入回数の制限なく解約できるのも人気が高いポイントです。

  1. ファンケル 本搾り青汁ベーシック

    ファンケルの本搾り青汁

    icon3 ケール

    国産ケールを使ったファンケルの青汁。通販限定のお試しセットは10日分で初回が半額以下の500円とお手軽価格です。
    青汁を初めて利用する方、試してみたいという方に人気です。

    価格:初回500円 容量:4.5g×10包

  2. やわたのおいしい青汁

    やわたのおいしい青汁

    国産 無農薬 大麦若葉 ケール

    テレビ通販でもおなじみの「やわた」の青汁。
    多少クセがありはじめは飲みにくさを感じるものの、8種類の国産有機野菜から作られた青汁は栄養満点です。

    通常価格:4,100円 定期価格:3,894円 容量:4g×30包

  3. こどもバナナ青汁

    こどもバナナ青汁

    大麦若葉 ケール 桑の葉 乳酸菌

    野菜嫌いの子供もごくごく飲めるバナナ味のおいしい青汁。
    19種類の野菜とフルーツに50種類もの栄養素を含む「スピルリナ」乳酸菌・ビフィズス菌も入っています。

    通常価格:5,940円 定期価格:初回980円 容量:3g×30包

  4. サンスター 健康道場 おいしい青汁

    サンスターおいしい青汁

    ケール

    9種類の青野菜にリンゴとレモンをブレンドしたスムージーのようにおいしい青汁。すりおろし野菜で1缶で90gの野菜を補うことができます。
    缶に入っているため、お弁当と一緒に持っていくこともできます。

    価格:6,000円 容量:160g×30缶

  5. 青汁みらい

    青汁みらい

    無添加 桑の葉 乳酸菌

    栄養豊富な桑の葉、食物繊維たっぷりのマテ茶、元気の源マカ、さらにお米由来の乳酸菌「米ケフィラン」が1つになった今までにない青汁です。
    クセもなく飲みやすい味も人気です。

    通常価格:4,860円 定期価格:初回2,430円 容量:3g×30包

  6. 黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

    黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

    クマザサ 乳酸菌 美容成分

    青汁の栄養素がしっかりとれる、黒糖抹茶味の寒天ゼリー。スティックタイプで手軽に食べられます。
    ヒアルロン酸やココナッツシュガー配合で、健康面と同時に美容面もサポートしてくれます。

    通常価格:4,320円 定期価格:初回2,160円 容量:30包

  7. 青汁三昧

    青汁三昧

    国産 ケール 大麦若葉

    テレビショッピングでもおなじみの青汁三昧はケール・ゴーヤー・大麦若葉の青汁です。
    飲みやすくするために使われている人工甘味料が気になるものの、低価格で続けたい方に人気です。

    通常価格:6,000円 定期価格:3,000円 容量:3.3g×60包

毎日利用したい青汁選びのポイント

食品添加物は「無添加」がおすすめ

食品添加物

青汁に含まれるのは各種ビタミン・ミネラル、食物繊維などの野菜の栄養素。
ビタミンを補給するのなら「ビタミン剤」という選択もありますが、ビタミン剤との違いは、野菜をそのまま粉末にしたものが青汁だというところです。

ビタミン剤は栄養素だけを抽出したものを添加物などを混入しまとめたものです。一方、青汁は野菜をまるごと粉砕していますから、より食事に近く、ビタミンだけを抽出したものに比べ、葉や茎がそのまま入っているため体に優しいと言えます。

ただし中には栄養素を添加しているものや人工甘味料などの食品添加物を加えているものもあります。
購入前に原料欄をチェックし、無添加のものを選ぶのがおすすめです。

青汁「ポイント」ランキング