コレステロール値が高い人におすすめの青汁

食の変化とともに若い年代にも増加傾向にあるコレステロール値の異常。
特に「悪玉コレステロール」と呼ばれるLDLコレステロール値が高い人は、動脈硬化や心臓病、脳卒中といった生命に直接関わる病気のリスクが増えるため、対策が必要です。

青汁がコレステロール高めの人に良いというのはCMや雑誌でも目にしたことがある方も多いかもしれません。
そこで、青汁と悪玉コレステロールの関係、さらにはおすすめの青汁をご紹介します。

コレステロール値を下げるのに青汁がいい理由

青汁は悪玉コレステロールを下げたい人に大いにおすすめです。
その理由は、青汁に含まれる各種ビタミンや食物繊維にあります。

野菜のビタミン・ミネラル・食物繊維たっぷりの青汁

青汁を飲むだけでコレステロールを下げるのに役立つ栄養素が一度に摂ることができます。また、それと同時に健康には欠かせない鉄やカルシウムを補うことができます。
コレステロール値の上昇は普段の食生活と密接な関係があります。お薬やサプリとは異なり、青汁は野菜の粉末ですから、自然に近い形で不足しがちな野菜の栄養素を簡単に補うことができるというわけです。
長年の愛用者さんが多いのもうなづけますね。

青汁に入っているコレステロール値を下げるための栄養素

食物繊維
胃で消化されない食物繊維は、腸を刺激するため、便秘対策にも良いというのはご存知のとおり。
実は食物繊維が便と一緒に排出される際には、コレステロールも同時に吸着し、身体に吸収されるのを防いでくれます。
ただし、食物繊維には水溶性と不溶性の2つがあり、コレステロールを吸着するのは水溶性の食物繊維です。
青汁には水溶性、不溶性、両方の食物繊維がバランスよく含まれています。
ビタミンC
抗酸化作用のあるビタミンCは、美肌効果・アンチエイジング効果に注目が集まりますが、血管を丈夫にし、血流を良くするのにもおすすめの栄養素です。
また、コレステロールを体外に排出するためにも大事な役割を担っています。
コレステロール値が気になる人は、積極的にビタミンCを摂るように心がけましょう。
ビタミンE
脂質の参加を防ぐビタミンEは、コレステロール値を下げうためには積極的に摂りたい栄養素です。
血液の流れをスムーズにし、血管の内側にコレステロールが張り付いてしまわないよう促してくれます。

コレステロール値を下げるのに特におすすめの青汁は?

LDLコレステロールを下げるための青汁 | サンスター特定保健用食品「緑でサラナ」

LDLコレステロールを下げることに特化したのが、サンスターから発売の特定保健用食品「緑でサラナ」です。

サンスター 緑でサラナ

青汁は、どれを選んでも食物繊維やビタミン、ミネラルはたっぷり含まれています。
しかし、この「緑でサラナ」が他の青汁と違うのは、コレステロールの低下作用がある天然アミノ酸「SMCS」を含んでいる点です。

緑でサラナを飲んでコレステロールが低下

栄養管理は長期間にわたって行わなければ意味がありません。
サンスターの特定保健用食品「緑でサラナ」は8種類もの青野菜にリンゴとレモンを加えることでおいしく飲むことができます。

保存料、砂糖、食塩、香料は一切無添加、1缶あたり約105gの野菜が摂れるため、もちろん野菜不足を感じる方や野菜嫌いのお子さんにもおすすめです。

通常価格:6,000円→キャンペーンで初回 5,400円(税別)

1缶160g × 30本入り

「粉末青汁」派の人は「豆乳」を一緒に摂るのがおすすめ

青汁と豆乳の組み合わせがおすすめ

豆乳の原料となる大豆にはイソフラボンというポリフェノールが含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、更年期女性のサプリなどとしても人気ですが、コレステロールが作られるのを抑制する働きがあることもわかっています。

更年期を迎えた女性にコレステロール値が高くなる人が多いのは、女性ホルモンの欠乏が原因の1つとされています。
粉末タイプの青汁を利用している方でコレステロール値が気になる人は、豆乳に青汁を混ぜて飲むことで2つを同時に摂取することができるため特におすすめです。

こちらもCHECK!

青汁人気ランキングBEST10